FXの基礎知識

FXとは?

FXとは日本語で外国為替証拠金取引といい、証拠金取引の特性を用いて行う外国為替取引の一種です。

 

為替証拠金取引は、少ない資金で大きな取引をすることができるのが特徴です。
通常、外貨預金等で米ドルを1万ドル購入する場合【為替レート×1万ドル】の資金が必要です。

 

つまり、1ドル=100円で米ドルを1万ドル購入すると100円(為替レート)×1万ドル=100万円となります。

 

こういった動きをレバレッジといい、為替の動きを予想することで大きな利益を得ることができます。
逆に、為替の予想が外れてしまった場合には損失が発生します。

FXをはじめる為の準備

FXをはじめるには、FX専用の口座開設が必要となります。

 

この専用口座開設=業者選択となるのでプランに合った条件の会社を選びます。

 

・注文機能
・レバレッジ
・通貨ペア
・スワップポイント
・スプレッド

 

など、会社によって特徴があります。

スワップポイント

日本と通貨発行国の金利差により為替相場以外にも「金利」で収益を上げることができます。

 

日本の金利が通貨発行国の金利よりも低い時にその外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されていきます。

 

つまり金利収入のことをスワップポイントといいます。

 

このスワップポイントが入ってくるのは「金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合」です。

リスク管理をしっかり行う

FXを行う際に注意しなければならないことがこのリスク管理です。

 

この管理を怠ってしまうと、大変なリスクが発生します。
逆にリスク管理をしっかり行えれば、大きなリスクを回避することができます。

 

慣れないうちは少ない金額からはじめ、慣れるにつれて少しずつ金額を増やすことをおすすめします。